お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > まだまだ女性ドライバーの環境は整っていない

まだまだ女性ドライバーの環境は整っていない

最近では、女性もドライバー業界で輝いている人はたくさんいます。
昔だったら、ドライバー業界は力仕事でもあるので、男性が働く仕事というイメージも強く、それは現在でもまだまだ同じかもしれません。
ただ、世の中の動向として、職種関係なく男性も女性も輝ける仕事を見つけられるようにしていこうという流れになっています。
なので、ドライバー業界でも女性を採用している会社は多くなってきましたが、実際のところまだまだ女性ドライバーが心地よく働けるような環境が整っている会社は、少ないのです。

それは、ドライバー業界だけではなく、他の業種でも似たようなことが起きているので、解決していこうと少しずつ進んでいる会社も多いです。

ただ、特にドライバー業界というのは昔であれば男性しかいない世界だったので、会社の決まりや環境に関して、女性が困ったり悩んだりすることが多いのも現状の問題で挙げられています。
そこで、どのような問題点があるのかをご紹介していきます。

まず、もっとも多い女性ドライバーの困りごとと言えば、トイレと着替えに関してです。
トイレ?と思うかもしれませんが、ドライバー業の会社というのは、トイレが男女共同というのが未だにあるような事務所が多いのです。
男性しかいない世界だったので、トイレを分ける必要性を感じていなかったのが今までの流れでした。
そこで、女性ドライバーを採用しようと思ったからと言って、トイレを改装するまでの経費をかけられなかったり、そもそも女性ドライバーが不便に感じるのでは?ということまで頭にない、ということもあります。
同じような理由で、着替える場所も1つしかなくて、男性と一緒に着替えなくてはいけないということもあります。
そのため、女性は最初から仕事服で出勤したり、男性社員がいない時に急いで着替えるなど、気苦労が絶えません。
こうした仕事環境の改善というのは、そもそものレイアウトを変えなくてはいけないこともあるので、すぐに対応してもらえないかもしれません。
しかし、会社によっては女性ドライバーを積極的に採用したいので、工夫をしています。

また、環境以外には「女性だから」ということで、男性社員達から差別を受けるということも悲しいですが、まだあります。
運転が下手とか甘えているとか色々言われてしまうこともありますが、本来は女性ドライバーこそ細かなことに気を配り、しっかりと働いています。
ただ、一部の女性ドライバーの行動がこうした誤解を生んでいたり、男性の偏見から勝手に差別を受けているだけなのです。
本来は絶対にあってはならないことなので、会社は従業員研修を行うなどしっかり意識改革をする必要があります。

女性だから、男性だから、ということはもう時代錯誤な言葉です。
私生活ですらそういった言葉を出す人は古い、と言われている現在、会社の一員として女性を差別することは不適切です。
また、会社として今まで男性しかいなかったからという理由で女性が働きにくいと困っている環境を改善しないのも不適切な行動なので、環境を変えたり工夫して、性別関係なく、それぞれがしっかりと働ける環境作りが会社には求められています。
それでこそ、信頼できる会社として社会や顧客に貢献できるのではないでしょうか。

無料相談はこちら