お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > プロドライバーになるための条件

プロドライバーになるための条件

現在、国内ドライバーの需要は、ドライバー業界でかなり高まっています。
しかし、ドライバー人口は減っていく一方で、ドライバー業界は常に人手不足に悩まされ続けています。
ドライバー確保のため、企業としては未経験者を積極的に採用したり、女性が輝けるような職場作りをしていくなどして、努力をしています。
また、待遇面の改善や需要が増えているので給料面の向上を行なって、ドライバー雇用を促進しようと頑張っています。
ただ、いくら人手不足だからと言っても、どんな人でもいいから採用して働いて欲しいというわけではありません。
企業として、業務を円滑に行なってくれたり、優秀な仕事をしてくれるような「プロドライバー」をできれば採用したいと思っています。
もしも、優秀なプロドライバーであれば、通常の条件よりもより良い条件を出したとしても採用したいという企業が多いです。

ただ、そもそも、プロドライバーって何なのでしょうか?
そして、どうして企業はプロドライバーを求めているのでしょうか?
いくつかある中でも、代表的な部分をご紹介します。
まず、もっとも重要なことは「事故を未然にふせぐ」ということです。
それは、安全運転をしましょうということだけではなく、事故を防ぐためにはどうしたらいいのか、どういう方法があるのかということを常に考えられる人材です。
事故トラブルというのは、運送会社にとってもっとも避けたいトラブルなので、そうした無事故に対する意識が強い人は採用したい人材としてあげられます。
また、優秀なドライバーというのは常に意識が高いです。
例えば、通常であればドライバーというのは荷物を搬入先のことに持っていき、荷物をおろして終了です。
それだけでも十分仕事をしていることにはなりますが、プロドライバーというのはその一歩先を行く人のことを指します。
搬入先での接客能力が高い人がもっとも企業が採用したい人材で、新しい荷物の搬入を依頼してもらえるようにコミュニケーションをとったり、情報を収集するなどしていきます。
自然とこうしたことができるドライバーは、企業が理想とする従業員として、売り上げアップに貢献してくれます。

プロドライバーは日頃から事故を未然に防ぐことを意識しているので、一般ユーザーからみても紳士的な運転をしています。
そうなると「あそこの会社のドライバーは対応がいい」というようなイメージが根付き、結果的に企業イメージがアップします。
事故も防ぎ、売り上げアップに貢献してくれるプロドライバーは、経費を減らして利益を上げてくれる優秀で貴重な存在として必要な存在です。

では、そんなプロドライバーになるには、どうすればいいのでしょう?
まず大事なことは、運転をすることです。
たくさん運転の経験を積んで、ドライビングスキルをあげて、道路交通法などにも詳しくなることが大事です。
また、荷扱いがどうしても必要になってくるので、いかに早く正確に安全にバランス良く荷扱いをするのかということも大事ですよ。
そして、コミュニケーション能力を高めるということもポイントで、積極的に取引先とは会話をするようにしてみてくださいね。

無料相談はこちら