お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 女性タクシードライバーの需要

女性タクシードライバーの需要

ここ近年、男性ではなく、女性のタクシードライバーが徐々に増えてきているのをご存知でしょうか?

タクシードライバーは男性がメインになっていますが、徐々にではありますが、女性の需要、働く人が確実に増えてきています。

女性タクシードライバーの今の実態や、女性ならではのやりがいや大変なことをすべてご紹介致します。

女性タクシードライバーの実態としては、タクシー業界における女性ドライバーの現状からまずは、チェックしていきます。

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計調査によると、平成27年3月時点では、女性ドライバーは全国で約7.000人ほどおり、前年比で約200人増加しています。

都道府県別にみると富山県→山口県→島根県の順に多く存在しています、年齢別にみると30代の女性までは大体500人未満ですが、40代以上になってくると一気に増加する傾向にあります。今後は、東京や各都市部ではこれから女性タクシードライバーが増えていくと予想されます。

女性タクシードライバーの需要については、徐々に増加はしている一方ですが全乗務員中の割合は約3%とまだまだ少ない女性ドライバーですが、本当に需要があるのかそこを見ていきましょう。

 女性が求められるタクシーの仕事はただお送りするだけじゃなく、一般的にイメージされるタクシードライバーの仕事(送迎、客待ち)以外にも、近年ではどのようなシーンの時に女性タクシー運転手として、現在も女性ドライバーが求められているが、おじいちゃんやおばあちゃんの高齢者の送迎、妊婦や赤ちゃんの検診のための送迎、子どもを安心して送迎してもらうなどあります。 女性が本来持っている細やかな気遣いは、タクシーの接客においても重宝され重要であるといえます。



無料相談はこちら