お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシーの無線グループとは

タクシーの無線グループとは

タクシーの無線グループとは

タクシー会社での無線グループとは、一言で表すとタクシー会社が加盟している共同の組合の事です。

その名の通りで、各タクシー会社が協力し合い、所属するグループのようなイメージです。
タクシー会社の無線グループにもたくさんの種類が存在し、例を挙げるとすると、東京の場合、チェッカー無線、東京無線や中央無線がとくに有名とされています。

お客様がネット経由や電話でタクシーの東京無線への配車を予約した場合、東京無線グループに加盟している、タクシー会社へと配車の指示がされる流れになります。

なので、タクシー会社としては、無線グループに入っていることで、タクシーの配車が増えるというメリット存在するのです。

ですが、東京の場合はこの無線グループ作って、無線の一波の許可を貰うには、タクシーの台数が400台以上あることが最低の基準になります。
東京のタクシー会社の多くは400台ものタクシーを所持していないことがほとんどなので、
複数の会社で無線を貰うための共同組合を作り、無線の電波許可の取得に成功したのです。
こちらが無線グループです。

加盟会社が増加していくほど、無線はもう一波、もう一波と取得することが出来、
それを繰り返して行くことによって、何千台規模の大手タクシーの無線グループが誕生していきました。

次にタクシーの無線グループのメリットですが、これはお客様次第な部分のあるので無線グループが大きいと比較的知名度があり、そこにお客様が外車依頼をし、売上を上げるケースも少なくないのです。
無線グループが大きいと依頼の数は多いというのは間違いありません。

ですが、そこが大きなデメリットでもあります。
無線グループが大きい分、加盟しているタクシー台数も多い為、競争率は高いとされます。
無線グループが大きいから売上が良いという事にはなりません。

転職を決めていくうえで、無線グループはの1つのポイントだが、大きい無線グループに入っていれば良いという事ではないという事です。
これらを参考に検討していくと良いでしょう。

無料相談はこちら