お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 運転に苦手意識があってもタクシードライバーになれる?

運転に苦手意識があってもタクシードライバーになれる?

運転に苦手意識があってもタクシードライバーになれる?

研修の際に運転技術をしっかりと学べるので苦手意識を持つ人でも安心してなれます。

タクシードライバーに転職すると、まず初めに会社でタクシードライバーとして必要な技術と知識を学ぶ研修を受けます。
研修は運転技術や経験に関わらず、全ての人が受け、運転技術に自信があろうがなかろうが同じカリキュラムで研修を受け、一人前のタクシードライバーを目指していきます。

タクシードライバーに必要な運転技術は、一般的な運転技術とは違ってきます。
最も重要とされるのは安全に配慮した運転技術であり、同時に快適さや安心感にも配慮した特殊な運転技術を習得する必要があります。
求められる運転技術はタクシーに特化した専用のもので、これまでに培ってきた運転技術は全く関係無いのです。

中途半端に運転技術に自信がある方よりも運転に自信がない方のほうが指導に素直に耳を傾けやすく、タクシードライバーに必要な技術を早く習得できる傾向にあります。
問われるのは運転技術の高さではなく、技術を学ぼうとするまっすぐな姿勢なので、向上心さえ持っていれば苦手意識を気にする必要はなくなるのです。

経験がタクシードライバーの糧になる

一流のタクシードライバーになる為に必要なことは「経験」です。
実務経験は何ものにも変えられない成長の糧であり、実務経験を積むことが苦手意識を払拭する唯一の方法とされています。
苦手意識を持つ人は運転に慎重になりますが、慎重さは安全運転に欠かせない要素なのです。

ペーパードライバーから始めた場合でも、常に安全意識をかかさず日々の業務を続けている内に段々と苦手意識は薄れていくと思います。
気づいた時には苦手意識は消え、自信を持って業務を遂行する一人前のタクシードライバーになっていると思います。

無料相談はこちら