お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシー運転手の「腰痛」対策法は?

タクシー運転手の「腰痛」対策法は?

運転中の姿勢をチェックしましょう。

腰痛は運転中の姿勢が関わってくる事も少なくありません。
普段から姿勢には気を付けた方が良いです。

・シートに深く座る

シートの座り方は腰痛に大きく関わってきます。
シートに浅く座ってしまうと、背骨が曲がったままで運転する為、かなりの負担になります。
運転する際は、できるだけシートに背中がくっつく形で座りましょう。

腰や反っている部分にバスタオルやクッションを挟むだけでも腰への負担が減少するのです。

・ハンドルやペダルを運転で楽な位置に

ハンドルやペダルの位置調整も、腰への負担に左右するので、重要なポイントです。
ペダルは、膝を軽く曲げた状態で足が乗るくらいの位置に調整しましょう。
膝が曲がり過ぎた状態で運転すると、腰に負担がかかってしまうので要注意です。

車内でできるストレッチでオススメなのが「バンザイ体操」です。

①手のひらを車の天井につけるように背筋を伸ばしてバンザイの姿勢を取る。

②体中の力を抜いてダランとして、その状態で2回呼吸する。

①と②を何度か繰り返しましょう。腰痛が和らぐこともあります。

無料相談はこちら