お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 事故を起こした場合の対応の流れ

事故を起こした場合の対応の流れ

タクシードライバーが事故を起こしてしまった場合の一般的な対応の流れです。

①相手の安否確認

まずは事故相手の安否確認を最優先して行いましょう。
怪我をしている場合は応急手当てを行います。
重度な場合は一刻も早く救急車を呼びましょう。

②示談を進める

特に相手に怪我などがない場合は、事故をどう処理するかを話し合うのが一般的となっています。
事故の状況や話し合いの中で、示談に終わるケースもあるのです。
大規模な事故で周囲に迷惑や被害が出ていたりする場合は、通報した警察に相手との間に入って仲裁してもらう必要があります。

③所属しているタクシー会社に連絡

その場の示談だけで済みそうな状況だとしても、タクシードライバーの方から所属している会社に報告することはとても重要です。
タクシー会社は基本的に保険会社に加入しています。
事故後の対処を含めて、指示やフォローしてくれるので、必ず連絡はしましょう。

④修理について

事故後は必要に応じて、自分の車、相手の車、その他破損物を実費もしくは保険を使って修理をします。
保険を利用して修理する場合は、会社が加入している保険会社に連絡し事故の状況や過失を説明しましょう。
保険会社から許可がおりれば、保険の利用が可能となります。

なお、各タクシー会社で事故の対応手順が用意されているので、勤務するタクシー会社内でのルールを最優先し行動しましょう。

無料相談はこちら