お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 今後も続ける!タクシー運転手のやりがい3つ

今後も続ける!タクシー運転手のやりがい3つ

①たくさんの働き方ができる

タクシー運転手は基本的に朝から夜中まで20時間労働(休憩3時間含む)をした後、「明け番」と呼ばれる1日休みになり、翌朝また仕事をするのが一般的なスタイルです。
イメージとしては1日働き1日休むという感じで、週1回程、連休があります。

「月30日のうち、11~12日だけ働く」といった働き方ができる企業も多くなってきています。

自由な時間を利用しサイドビジネスを始める方も多く、軌道に乗った結果、タクシー業務を副業にする人もいるほどになっています。
とても集中力のいる職業でもありますが、時間の融通が効くので自分の時間を楽しめるのはとても大きなメリットとなっています。

一般的なサラリーマンとは異なる様々な働き方ができる点も、タクシー運転手のやりがいの1つなのです。

②地理や運転技術が身につく

タクシー運転手は二種免許が必要ですが、いきなり地理を完璧に覚え、優れた技術で仕事を始める人はそうそういません。

タクシー運転手として仕事をする中で、先輩やお客様から教えてもらい、また実践することで、どんどん裏道やドライビングテクニックなどの知識を増やしていきます。

時にはお客様から「今までで1番早く到着したよ!」などと、嬉しい言葉をもらえることもあります。
何気ないお客様の言葉から技術の成長を実感し、やりがいに感じ方が多いのです。

③ストレスフリーな人間関係が構築できる

未経験者からでも活躍できるタクシー運転手は、異業種からの飛び込みも多く、たくさんの人生経験をしてきた方たちが働いています。
かつては有名な大手企業に勤めていたけれども人間関係の悩みで転職したという人も多く見られます。

タクシー業界は仕事中は基本1人の仕事だからこそ、過度な管理や厳しい上下関係などは全く無いのです。
もちろん先輩・後輩といった上下関係はでてきますが、適度な距離を置いて働く事が可能な環境なのです。

無料相談はこちら