お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 転職でタクシー会社を選ぶポイント

転職でタクシー会社を選ぶポイント

タクシードライバーはどこの会社で勤務していてもさほど変わりはないと思われがちですが、実際はそんなことはありません。
タクシー会社によって働き方や収入は大きく変わってきます。
転職をするときには、どのような点を重視すべきかポイントを紹介します。

〇稼ぎを重視する人の会社の選び方

転職にやりがいや休日よりも「稼ぎ」に重きを置く人は、以下のような点が会社選びのポイントになります。

・稼げる地域にあるタクシー会社
タクシードライバーの稼ぎは働く地域に依存するため、稼ぎたい人は都内や富裕層の多い地域を拠点としているタクシー会社を選びましょう。しかしながら、都内までは遠いなどの何らかの理由があり、地方などでしか働けない場合は「最低給料保証額」に注目しましょう。

・大手タクシー会社
クシー会社は待遇が良い場合が多いのも事実です。専用乗り場やタクシーチケットの利用可能、無線を着か使って仕事ができるなど、営業上のメリットが多いため稼ぎ安といえます。

・歩率の良い会社
絶対的にこうだとはいえませんが、歩率の高い会社ほど総給料は高くなります。

・勤務時間に制限がない会社
労働時間が法律範囲内であれば制限はないという会社は働くだけ収入につながります。

〇働き方重視する人の会社の選び方

・昼日勤か夜日勤かが選ぶことができる
タクシー会社は「隔日勤務」というのが基本となっています。これは、朝から夜中まで働き、次の日は休みというシステムです。
しかし、一般的なサラリーマンのように昼間だけ働きたいという人もいるはずです。
また、夜中は稼げる時間なので、夜だけ働きたいという人もいるかもしれません。
このように、働く時間帯を昼日勤なのか夜日勤なのかを選ぶことができる制度を導入しているタクシー会社があるということも覚えておきましょう。

・ノルマなし
タクシー会社ではほとんどの会社がノルマが存在します。しかし、中にはノルマが存在しない会社もあります。
ノルマに縛られるのは、体力的だけではなく、精神的にも思いつめられることもあるので、自分のペースで働きたい人はノルマなしを公言している会社を選びましょう。

・定年がない会社というものには定年がつきものです。
だいたい60歳~65歳で定年を迎える「会社が多いようです。
もちろんタクシー会社にも定年が存在するわけですが、中には定年が存在しない会社もあります。
シニア世代になっても元気よく働きたいという人には、定年なしを公言している会社を選びましょう。

〇タクシー会社選びで重要視しなくても良い部分

・2種免許の取得制度がある
大抵の会社では2種免許の取得制度が完備されています。
逆に2種免許をとるのに自己負担という会社もあるので、その会社は選ばない方が良いかもしれませんね。

・人間関係
人間関係はどこの会社においても問われるところではありますが、タクシー会社の場合は個人で動くことの方が多いので、人間関係は他の業種に比べて大きく影響することはありません。

タクシー会社あの選び方は自分がはたらくうえで何を重視して選ぶかによります。しっかり自分の求めているものを理解するところから始めましょう。

無料相談はこちら