お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 女性タクシードライバーの働き方

女性タクシードライバーの働き方

タクシー業界と言えば、男性社会といったイメージがとても強いです。
確かに、現在でも乗車するとほとんどのドライバーが男性です。
しかし、最近では女性のドライバーも徐々に増えてきました。
その要因としては、女性の社会進出を促進しようという風潮が挙げられています。

女性の社会進出を促進しようという世の中の動きもそうですが、それぞれのタクシー会社にはもう1つの理由があります。
それは、女性のお客さんが「女性のタクシードライバーを求めている」ということです。
だからこそ、最近では子育て応援タクシーやマタニティタクシーといった女性向けタクシーサービスも増えてきました。
そういったサービスを提供しているタクシー会社の場合は、非常に積極的に女性ドライバーを雇用している傾向が高いです。
女性のお客さんに寄り添えるように、女性ドライバーの需要が高くなっていると言えます。

需要が高くなっている女性ドライバーですが、実際タクシードライバーは女性に向いている仕事とも言えます。
なぜなら、タクシードライバーは、非常に柔軟な勤務スタイルを採用しているので、結婚や出産などのライフスタイルが変化しやすい女性は決まりきった勤務スタイルだと働きにくくなる場合があるのです。
だからこそ、タクシードライバーのように勤務形態や勤務時間、勤務日数などをそれぞれの事情に合わせて選ぶことができます。

また、タクシードライバーの使命として、安全で的確に目的地に送り届けることが基本です。
なので、女性は運転に苦手意識を持っている人も多いかもしれません。
確かに、運転面は気になるかもしれませんが、運転してというものは経験を重ねて行くことによって、どんどん上達するものです。
それに、タクシー会社が求めている「理想の女性タクシードライバー」というのは、運転技術がすごい人というわけではありません。
女性ドライバーに必要なことは、接客サービスです。
いかにお客さんを心地よく目的地に送り届けるのか、ということがとても大事です。

女性ならではの心配り、というのは会話の始め方から、車内の温度調整など些細な変化に気が付けるような繊細さが大きな武器です。
例えば、手荷物をたくさん持っている人の手助けをしたり、子供の送り迎えを頼みやすいなどです。
さらに、夜に女性がタクシーに乗った際には、男性ドライバーよりも女性ドライバーの方が安心感があります。
そのため、最近では女性ドライバーを指名する女性客が増加傾向にあります。

ただ、タクシードライバーになりたくても経験がないから不安…とか接客経験や運転業務の経験がないから心配と思う女性はたくさんいます。
最近のタクシー会社はきちんと、研修制度が整っているので、安心です。
男性でも女性でも、入社した時にはきちんと時間をとって研修してもらえるので、接客の基礎や業務に対しての考え方など全てを教えてくれます。
運転や道に自信がない人でも、タクシーにはほとんどカーナビや車載カメラが搭載されているので、ほとんど不安に感じることはありませんよ。
それに、タクシーを運転するには「普通自動車第二種運転免許」が必要になりますが、持っていない人でも免許が取れるように費用を負担してくれる会社はたくさんあるので、安心してください。

無料相談はこちら