お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシードライバーが知るべき運転記録証明書の重要性

タクシードライバーが知るべき運転記録証明書の重要性

タクシー業界に入る時に、当たり前かもしれませんが 採用面接があります。

その時に必ずと言っていいほど聞かれるのは、「運転履歴」です。
あまり身近には感じないかもしれませんが、運転履歴というのは車を扱う仕事をしている人にとっては非常に重要なことになります。
どうして、運転履歴が重要なのかを解説していくので、参考にしてみてください。

車を扱う業種が、面接の際に運転履歴を意識するようになったのは、問題が発生し、国土交通省に義務付けられたことからです。
どのような問題かと言うと、過去に事故を起こしたにもかかわらずドライバーが適性検査や講習を受けることなく、別々のタクシー会社を転々としていたことが発覚したのです。
なので、現在ではどんなタクシー会社でも免許の点数を聞かれます。
そして、その点数が悪かったり会社として気になる点がある場合は、運転記録証明書が必要になる場合もあります。
運転記録証明書というのは、過去に事故歴がないかどうか、もしあったとすればどのような内容なのかということをきちんと会社として調べなくては、安心してお客様を乗車させられるようなドライバーかわからないからです。
なので、事故履歴によっては、勤務することができないことだってあります。

また、こうした条件があるということは、その分採用の基準も高くなっていることがわかります。
もし、タクシー会社を受けようと思うのであれば、面接を受ける前に一度自分が何点で運転記録証明書を出しておくと、自分としても確認ができますし、採用担当者からもわかりやすいです。
運転記録証明書は、証明書申請をしなくてはもらえないので、最寄りの警察署、交番、駐在所、自動車安全運転センター事務所に書類をもらって、申請してください。

また、 点数と交通違反の関係性ですが、基本的に運転免許を持っている人は知っていると思いますが、免許というのは点数制です。
交通事故や交通違反を起こしてしまうと、点数が加算されて、定められている点数を超えると免許が停止されてしまったり、免許が取り消しになってしまう可能性があります。
免許が停止になった時は、一時的な問題ですが、停止されている間は運転ができません。
加算された点数がリセットになるのは、1年間無事故無違反でいることなので、タクシー会社で勤務したいと思っている人は点数が加算されているうちは、少々不利になるかもしれません。

事故や違反内容によっては、点数が変わっているので、内容によっては即刻免許停止になることがあります。
そうなるのは、飲酒運転をした場合です。
一気に35点加算されてしまうので、すぐに免許停止になりますし、スピード違反も違反速度によりますが1点から12点、車間距離だと1点など些細なことだと思われたとしても点数加算の対象になります。
小さな点数の積み重ねもバカにできないので、違反しないに限ります。

タクシー会社勤務を検討している人は、免許停止になっている時はすぐに車に乗ることができないので、働くこともできません。
大前提として、無事故無違反が当たり前と言う考えですが、日頃からたくさん運転をしている人は何かしら起きる危険性はあります。
なので、日頃から注意力のある運転を心がけてください!

無料相談はこちら