お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 時間距離併用制とは

時間距離併用制とは

タクシーの料金計算方法の1つです。
タクシーの運賃は主として距離で計算されていますが、走行速度が一定限度より遅くなると時間で上がるように切り替わるという構造になっています。

この制度は都市の交通渋滞がひどくなった昭和45年に取り入れられ、渋滞した所へでも乗車拒否をする事が出来ない乗務員を救済する措置でしたが、利用者の評判はあまり良くありませんでした。

先進国の大きな都市では殆どこの制度となっているのです。

①運賃はタクシーメーター器により算出する。

②運賃の算定は旅客の乗車地点から降車地点までの実車走行距離(一定の速度以下となった運送の場合は運送に要した時間)により算定する。

③時間距離併用制運賃は、高速自動車国道を通行する場合、及び事業者の責により生じた原因により、一定の速度以下になった運送の場合は適用されない。

無料相談はこちら