お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシー運転手になれない病気とは

タクシー運転手になれない病気とは

普通運転免許を取得する際、多くの方は自動車学校に通って試験を受けられますが、そううつ病や、てんかんなどの方はそれが出来ません。

同じようにタクシー運転手として転職したくてもできない場合があります。
それは特定の病気を抱えている人です。

その病気とは、心臓疾患や糖尿病、精神病、肝硬変などです。
また、アルコール依存症の兆候がある方、睡眠時無呼吸症候群の危険性がある場合は不採用になる恐れもあります。
ただし、不採用になる「可能性」ですので、確実に不採用になるとは言えません。
どのような際に不採用になるかというと、タクシーの採用選考の中に必ず健康診断があります。
その際に、医師が危険と判断した場合は不採用となるのです。

無料相談はこちら