お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2018年11月02日

ニュース

2018年11月02日

京都でタクシー会社が宅配大手とタッグ★

宅配大手の『佐川急便』と京都府のタクシー会社『山城ヤサカ交通』は10月29日、タクシーを活用した貨客混載による宅配輸送を開始した。 府内相楽郡にある佐川急便京都精華営業所の担当エリアを対象に実施。山城ヤサカ交通のタクシー1台を投入し、同町への荷物の配送、集荷を行う見通しである。タクシーを活用した貨客混載輸送で集荷業務を行うのは全国で初めて。1日当たり配送10~20件、集荷5~10件を手掛ける。今後は実績をみながら、他の過疎地域への拡大も検討していく。取り扱うのは一般のドライ貨物で、クール便は対象外となる。運送業界ではドライバーの不足が深刻な問題となっている中、タクシーが乗客と貨物を掛持ちして運ぶことにより、双方の業界で浮彫となっている人手不足を緩和させる狙いである。                                                                                       ★★★まさに「ありそうでなかった需要と供給。」試験導入で今後どのようになるか楽しみなところです。我々も普段から利用する宅配業者も、ニーズにお応えできるように、日々様々な苦悩を抱えていることは想像がつきます。人員不足はさることながら、たとえば時間指定サービスや不在表もその一環でしょう。今回はどういった検証結果が得られるか、それに伴い比較的人口密度の多い市街地での実現性が可能なのか、注目が集まります。おそらく都心部での実現は聊か非現実的な要素が多いですが、目のつけ所に関しては「あっぱれ」をあげたいと思います★★★
ニュース一覧へ