お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年09月29日

ニュース

2017年09月29日

警視庁と大和自動車交通、外国人客向けベルト着用促進キャンペーン

大和自動車交通(以下:大和自交)、は9/20、警視庁協力のもと、訪日外国人観光客を中心にシートベルトの着用を促すキャンペーンを開始した。イラストを早稲田大学広告研究会の学生が手掛け、特製ステッカーを全車2500台の車内に掲出。今後2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、外国人の安全意識を高める狙いがある。同日、霞が関の警視庁本庁舎で感謝状贈呈式が開かた席でれ、山本仁交通部長が大和自交前島社長や早大の学生に手渡した。山本部長は「運転席・助手席のシートベルト着用はほぼ100%だが、後部座席はまだ十分とは言えない、ステッカーを活用した広報・啓発で着用率が上がり、車内で負傷される人がいなくなることを願う」と述べた。
ニュース一覧へ